DO

なぜ旅が人を変えるのか

人前で笑えるようになりたい!緊張をほぐす2つの考えかた

気楽に喜楽を使うことで、表情がないと言われるひとでも笑えるようになります。

 

笑ってるつもりでも 「なんか不機嫌やな」と言われるひとに試して欲しい”喜楽”で人前で笑えないを克服して、良好な人間関係を築いて行きましょう。

 

笑えない理由

 f:id:mt321191104:20181005001739j:image

笑えない理由は2通りだと思います。

 

・緊張して表情が動かせない

・話が面白くない

 

この2つがあなたが笑顔になれない要因に思われます。でも大丈夫!すぐに笑顔を取り戻すことができますよ!

 

緊張しちゃ顔は使えない

人前で緊張していると顔の筋肉はこわばってしまいます。笑顔とは顔の筋肉を使いますので、笑おうとするときに筋肉が固まっていては笑えないのです。

 

緊張してしまっていてはせっかく面白い話をしていてくれていても、相手にいい印象を与えることことも難しいです。

 

ですので緩ませたいのです。緊張とは心の問題です。なので心にフォーカスを当てて緊張を和らげれば人前でも、緊張するスピーチの場面でも笑うことができます。

 

喜楽な気持ちで接する

喜楽とは4つの感情のうちのプラスの面、喜び楽しいのことです。

 

この2つの感情にしておくと、いつもどんなときも顔の筋肉は緩み笑うことができます。

 

逆に怒りや悲しい状態にしておくと、なかなか笑えないですし、どんなに顔を作っても、ひきつった笑顔になってしまうので、よくないです。

 

喜びの感情を出す

f:id:mt321191104:20181005001720j:image

喜びの感情を出すとき、未来に喜びを取りにいくことで簡単に喜びが生まれます。

 

・旅行の予定のこと

・今シーズンのスノーボードのこと

・欲しい服のこと

・ボーナスのこと

 

これらのことを考えているとき「嬉しい!」と思いますよね、だんだんが気持ちが高揚してきて、気持ちが上立ちます、これが喜びです。

 

喜んでいるときは気持ちが軽くなっていて、簡単に笑顔を作ることができますので、人前で緊張してしまって笑えないときは、未来の喜ばしいことを考えてみましょう。

 

真剣に話を聞くのも大事ですが、それよりも相手に笑顔を返してあげることの方が良好な人間関係を作るには大事なので、喜ばいしいことを優先して考えていいと思いますよ。

 

楽しいの感情を出す

f:id:mt321191104:20181005001653j:image

楽しいの場合は過去の思い出を取りに行きましょう。

 

・楽しかった卒業旅行

・先週の飲み会

・高校の文化祭

 

これらのことを思い出すと、それだけで笑顔になれる気がします。実際に考えていると楽しかったなと気持ちが和らぐのがわかると思います。

 

するとやはりどんな場面でも、笑やすくなりますし、簡単に笑顔が作れるようになりますから。良い人間関係を作るには、過去のことを考えている方がいいです。

 

喜楽を使い分ける

使いわけは簡単です。

 

使いやすい方を使いましょう。例えば未来志向な人では、昔の思い出な度わすれてしまうひとがいます。なのでそういうひとには過去のことを思い出せといっても無理です。

 

そういうときは未来の大きなイベントに心踊らせ笑いやすくしましょう。

 

逆に未来に対して臆病な人は、過去のことを考える方が向いています。

 

ですので、過去の思い出を思い出しつつ、笑うようにしましょう。

 

話が面白くないときに笑う

f:id:mt321191104:20181005001556j:image

話が面白くないときは相手の考え方や、癖などで笑うことがいいでしょう。

 

相手が大柄で考え方が女々しいときは、「可愛いなこいつ」で笑えます。癖がすごい話し方のひとや、動きが大げさなのに話が小さいひともまた面白いですよね。

 

なんでも笑う要素に変えてあげようという気持ちが大事です。

 

誰だって話を聞いてもらうとき無表情より笑顔の方が嬉しいのです、なのでこれは相手のためですよ。

 

まとめ

人前で笑えないときは、過去や未来に喜楽を取りに行くことで、緊張がほぐれ笑いやすくなります。無理に笑うより、簡単に笑う方がストレスに感じないですし、相手も気持ちの笑顔をみれて嬉しいはずです。

 

緊張するスピーチんの場面でも、よくしてもらってる社長の前でも、とびきりの笑顔でいたいですもんね。

 

そのため喜楽に行きましょう!

 

これには気楽の意味も込めています。無理して笑おうとすると、また笑顔が引きつりうまく笑えなかったり、相手からは不機嫌な顔に見えてしまいます。

 

気楽に喜楽を使っていれば自然と笑えるので無理しないで、楽しんで笑えるようにしていきましょうね。