DO

なぜ旅が人を変えるのか

幸福感を高めるためにしたい感情を受け入れるということ

 

 

f:id:mt321191104:20180930225356j:image

感情とは良いも悪いもないのです。ただ感じるものです。

 

ですから否定しないでください、感情を押し殺すとまた新たな怒りを生んだり、悲しみを生みます。

 

そして「こんな感情になってしまう自分が情けない」と自己否定に陥ってしまいます。

 

それではあまりに辛すぎますよ。だから感情は受け入れましょう。

 

そうすれば楽になり、人間らしく生きていけますよ。

 

感情の起伏を知る

f:id:mt321191104:20180930225508j:image

感情とは押し殺すから辛いのであって、その動きをちゃんと知り見ることで辛さは半減していきます。

 

例えば怒りが出た時、「イライラする!でもこれはダメな感情だ」と押し殺してしまいますよね。

 

でもそれは、ダメな感情を出してしまった自分を否定していることになります。

 

そのせいで「自分が感情もコントロールできないんだ」とまた怒りがこみ上げます。

 

そしてその繰り返しです。何度も怒りがこみ上げては押し殺そうとして、それに逆らうように新たな怒りが生まれるのです。

 

感情は浮き沈みするものです。当たり前ですがそのことを忘れていませんか?

 

車を運転中後ろから追突されたら、まずは「いてーなこの野郎!」と思ってしまうものです。

 

大切にしていた食器が壊れると、誰だって悲しくなりますよ。

 

でもその感情が永遠ではないののです。

 

感情が沈むことがあるように、喜びや楽しいことも必ず起きますよね。

 

やっぱり給料日は嬉しくなるし、華金で旧友とお酒を飲んでいる時は喜びと楽しさで幸せいっぱいんなるのです。

 

だからその浮き沈みを一度受け入れましょうよ。

 

それだけで怒りと悲しみの時間は短くなります。それってかなり素敵なことですよね。

 

原因と共に感情を受け入れる

f:id:mt321191104:20180930225612j:image

感情には必ず原因があります。

 

まずは、怒った理由や悲しくなった理由をしっかり見極める必要があるのです。

 

原因を忘れてしまうから、いつまでも怒っていたり悲しかったりしています。

 

それから悲しみが怒りに変わってきてしまうことだってあるのです。なんとなくわかりますよね。

 

えば、僕が小学生のころ友達がユニバーサルスタジオジャパンで買ってくれた、スパイダーマンのキーホルダーがありました。

 

とても気に入っていて大切なものでした。

 

ある日それを家のリビングの机に置いたままにしてしまっていたんです。そのことを忘れて学校に行っていました。

 

そして帰宅すると、そのキーホルダーがまだ小さかった弟の口の中にあったのです。

 

想像してください。あなたの大事なものが人の口で遊ばれている光景を。

 

僕はすごく悲しくなりました。「大切にしていたのに汚された」と布団がビショビショになるくらい泣きましね。

 

しばらくすると涙は止まりました。

 

しかし今度は「なぜ口になんか入れたのか!」と弟に怒りの感情が湧いてきてしまったのです。

 

これは実際にあったいい例です。悲しみはよく怒りに変わります。

 

だから原因をしっかり見てその感情を受け入れないと、どんどん嫌な感情が湧いてきてずっと不幸 を感じることになります。

 

この時僕は、怒りを覚える前に「次からちゃんと片付けよう」とそう思えばよかったのです。

 

それをしなかったから、怒りがこみ上げて、寝るまでずっと嫌な気持ちで夜ごはんも半分くらいしか食べなかったです。

 

受け入れることで楽になります。その一つの感情をちゃんと見てあげればすごく楽になれるのです。

 

嫌な気分を引きずることも、自分を否定することもありません。

 

感情を引きずらない

f:id:mt321191104:20180930225632j:image

やっぱり嫌な感情は引きずるべきではないのです。

 

怒りにとらわれている時はどんなことだって怒る対象になります。すごく些細なことにさえ怒ってしまうのです。

 

コンビニの店員が無愛想だとかでいちいち怒り続けてしまうのですよ。

 

それではあまりにも辛いです。なので怒りや悲しみはすぐに楽しいに変えましょう!

 

  

まとめ

感情は受け入れることによって楽に接することができます。

 

なので受け入れることが大事です。

 

それに感情を否定していると「こんなことで怒ってしまう自分は情けない」と自己否定をしてしまうことになります。

 

そんなことを続けていたら、自分が嫌いになるでしょう。

 

ですので受け入れ原因をちゃんと見て、楽しいに変えてしまえばすごく幸せな時間を過ごせますよ。

 

幸福とは感情が楽しいと喜びで溢れている時ですよね。ですから楽しいと喜びの時間を長くしているとそれは幸福度が高いと言えるのではないでしょうか。

 

感情を受け入れて、いつだって幸せですごく明るく楽しい人で生きていきたいですね。