DO

なぜ旅が人を変えるのか

芸能人の不倫に振り回される前にテレビの電源を消してください!

 

f:id:mt321191104:20180929182520j:image

どれだけ人が真剣に自分の人生を生きているのだろうか?

 

 自分の問題すら目を背けしまい。どれだけ人の人生にばかり気をとられているのだろうか?

 

どれだけ大きな問題でも向き合わなければ前には進めません。そんなできれば向き合いたくないことをテレビは忘れさせてくれます。

 

 でもそれは危険です。あなたは人の問題ばかり真剣に考え、自分の人生の問題に対しては目を背けている。そんな状況だからです。

 

 人の人生に花を添える生き方を続けたいんですか?

 

自分の問題を見る

くだらない不倫問題よりあなたに彼女がいないのが問題なんだよね。彼女もいないあなたが人の不倫の話を真面目に考えても仕方がないんです。

 

自分の問題を見つめて、ちゃんとその問題を乗り越えるために必要なことを学んだり行動しないと、あなたはいつも芸能人の人生に花を添えるだけの存在になりますよ。

 

不幸なことも見ないで良い

f:id:mt321191104:20180929182544j:image

世の中を見れば不幸なことはたくさんあるのです。若くして殺されてしまったり、理由もなくただ怒りから人が殺されたりする事件が後を絶たないものです。

 

そのことに対して、いつも心痛めて、怒りに満ちているあなたは素敵なのかもしれません。でも、あなたは殺されていないし、みじかな人も元気に生きているんですよ。だからそれも人の問題です。

 

怒ることであなたは嫌な気持ちになりますよね、そういう事件では怒るけど、肝心な部下の指導とかで、甘々なことをしてしまうんです。

 

そっちの方が問題です。

 

知らない人のニュースで心を痛められるのに、動物を車で轢いてしまったら「気持ち悪い」とか言って反省もしないし、笑い話にしようとするんですよね。

 

なんで人のことばかり気にして、自分の人生を生きていないんですか?

 

早く始めないといけません。少しづつテレビと距離を取らないとあなたは死ぬまで人の人生に花を添える脇役ですよ。

 

名脇役になったとしても、助演男優賞はもらえません。お葬式で「普通な人だったね」と言われるだけです。

 

そんなの悲しすぎますよ。自分を取り戻しましょう。

 

戦後の洗脳

戦後アメリカが3Sという人に何も考えさせないようにする政策をとったみたいです。(事実かどうかは定かではない。)

3S政策(さんエスせいさく)とは、Screen(スクリーン映画)、Sport(スポーツプロスポーツ)、Sex(セックス性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策であり、そのような政策があったとの主張である。

 

 

それにより僕らは半洗脳をされて、自分の問題に気がつくこともなく、ただ命が終わるのを待つだけになってしまっていました。

 

そういう風潮は今も続いています。いつもそのことに気が散って自分のことに集中できないことは自分で気がついていますよね。

 

自分の問題に気がつく

f:id:mt321191104:20180929182614j:image

自分の人生を始めるにあたって最初にするべきことは「自分と向き合うこと」です。

 

 

 

なにを求めているのか?

 なにがしたいのか?

 幸せに感じることはなんなのか?

 

それを考えないで、自分の個性がわかるわけがないのです。自分が必要としていることが伸ばしたい才能です。

 

気がつかないと、伸ばすべきこともわかりません。

 

伸ばしたいことが、「上手にできることじゃない」ということに気がつくはずです。でも好きで仕方ないし、うまくなったらすごく楽しいことが想像できるはずです。

 

そしてそのことに真剣に向き合っていると、問題に気がつくはずです。

 

努力しないといけない。勉強のために本が欲しい。危険と隣あわせだ。など問題が山済みだということに気がつくでしょう。

 

ビジネスの場合だと、商品を作る。お客さんを集める。実際に値段を決めて売る。などという大きな問題と共に、法律の問題や、やり方など様々なことが浮かび上がります。

 

問題を一つ一つ倒していかないといけません。すごく大変そうで、できれば避けていきたいと思ったはずです。

 

でも問題一つ一つと真剣に向き合い、こなしていくと楽しくてたまらないはずです。

 

嫌になる前に、求めているものをしっかり見極め、まずは問題に気がつきましょう。

 

  

最後に

テレビの全てを否定するわけではありません。でも一度見ないと決意して自分の問題と向き合うと、すごく楽しい人生を歩めることに気がつくはずです。

 

いつもテレビの話題を話している人をジーーと見ていてもそれほど楽しそうではありません。

 

誰がどういう生き方だとか、あの歌手の若い頃の話が泣けるんだよとか。そういう話をいつもしていました。

 

僕が週末の朝から釣りに出かけアオリイカを釣った話をすると、そういう人はすぐに黙ります。

 

 いつも休みの日は何をしているんですか?と聞けば「基本寝てるか録画したテレビ見てるな」という答えが大概帰ってきます。

 

それが楽しいのなら、それはすごくいいことです。楽しい人生を続けてください。

 

でも本当にそれでいいんですか?

 

と言いたいんです。いい人は今のままでいいんですよ。でも少し考えてしまったなら、その問題には真剣に取り組むべきです。

 

何せ人生は一度きりです。

 

家で人の人生に花を添えてようと、自分の好きなことを続けていても同じなのです。

 

だから、真剣に向き合いましょうよ。楽しくない人生になら変えましょうよ。

 

 僕らは自分の人生を楽しむために生まれてきたんですから。