DO

なぜ旅が人を変えるのか

自分のために人を褒める

 

f:id:mt321191104:20180929124829j:image

僕は褒めまくります。それは相手を勇気づけたり、喜ばしたいためでもあるのだけれど、ほとんどは自分のためです。

 

なぜ僕が褒めまくるのかをそれは自分に優しいからであり、自分への素敵な効果を知っているからです。

 

褒めるは自己肯定の訓練

褒めるとは”相手の良いところを見つけて伝える”ということですよね。

 

相手の仕草や言動を見て、ここがすごい!と思うところを教えます。

 

じっくり相手を見ながら、「こういうことを普段しているのか、努力もしているんだな」と、まずは良いとこを見つけないといけません。

 

ですが、人は荒探しは得意ですが、良いところを見つけるのは苦手です。

 

これは自分も他人に対しても同じです。

 

嫌いなところはいくらでも言えるけど、良いところは一つも思い浮かばない。ということを経験していると思います。

 

これはテレビを見ながら批判をしている親を見続けたことにより、起きてしまったことなので、あなたが悪いわけではないです。

 

そもそも褒めることを知らなかっただけです。

 

だから良いところを見つけることも苦手です。ですが訓練すれば簡単に見つけれるようになります。

 

自分の良いところか、相手の良いところ、どっちが探しやすいかと言うと相手の良いところですよね。

 

自分についてはなかなか良いところが見つからないし、人より劣っているのは自分が一番知っていると脳がフリーズしてしまいます。自分が嫌いな人は特にそうです。

 

なのでまずは相手を良いところを見つけて訓練するんです。

 

自分を褒める練習

良いとことろ見つけれたら、次は伝えることが必要です。

 

これも最初はなかなか難しいんですよね。

 

今まで散々非難したりバカにしたりしてきた関係です。なので急に褒めるというのは難しいのです。

 

でも、これも訓練ですよ。

 

「前から思ってたんやけどさー」「お前すごいな!」と話しの最初につけてあげれば良いやすいですよ。

 

急に褒められた相手は戸惑うかもしれません「え、怖っ」と言ってきたりもしますが、内心嬉しくない人はいません。

 

なんだかムズかゆくて恥ずかしいのでごまかしているだけですので、気にしないで良いです。

 

一度言ってしまえば、大したことないことに気がつくはずなので、あとは良いところを次々見つけて伝えるだけです。

 

一歩踏み出しさえすれば、あとは簡単ですよ。

 

自分の褒め方

友達を褒める時も家族を褒める時も、自分を褒める時も同じです。

 

”良いところを見つけて伝える”

 

でもなかなかわからなかもしれません。なので最初は好きすぎることを褒めましょう。「お前は飽きずにいつまでも釣りが好きやな!」(自分への呼びかけ方はお任せします)

 

その好きすぎるを褒めると、次が見えます。「そういえば釣具屋さんとか知らないおじさんとも話せるよな、コミュニケーション能力高いやん」と言った感じに次の褒めるところが思いつきます。

 

そうするとドンドン褒めが繋がって、あらゆるところを褒められますよ。

 

自分を褒められたら自己肯定感が高まり、自分が好きになります。そして自身が湧いてきていろいろなことに挑戦できますし、今生きていることがすごく楽しくなりますよ!

 

比べない褒め方

すごい人と比べてしまっては褒めることなんて一つないですよね。

 

頭の良さを比べるとアインシュタインに勝てる人はいないですし。サッカーのうまさをメッシを比べて勝てるはずがありません。

 

ちょっとすごいなと思ったら、それは褒めて良いところです。

 

ちょっと歌がうまい人がいたら「ビブラートすごい上手やな」と褒めれば良いです。

 

サッカーは好きな人で得意な人は「サッカーうまいよね!」と褒めてあげましょう。

 

その褒めで相手は才能に気がつき、努力が重なって誰が見ても上手な人になります。

 

最初から相対性理論がわかっていた人はいないですし、最初からバルセロナで活躍していた人もいないのです。才能を褒め、努力したことで初めてトップクラスになれるのです。

 

だから褒める時の基準は「少しでもすごいと思ったら」で良いのです。

 

もちろん自分を褒める時も同じですよ。少しでもセンスを感じたりうまかったら、「すごいな俺」と褒めましょうね。

 

さいごに

褒めるとは”良いところを見つけて伝える”ことです。

 

まずは人の良いところを見つけて、いっぱい褒めましょう!そうするとお返しの褒めがもらえますよ。

 

 

 褒めてくれる相手を否定しまくるような人はいませんので、褒めればしても褒めてくれます。

 

そして、自分も褒めれるよになります。

 

その結果、自己肯定感が高まり、自分を好きになります。

 

自分を褒めることさえできれば、辛く落ち込んだ時も立ち直りが早くなりますし、自分に自身が湧いてくるので、あらゆることに挑戦ができます。

 

生きることが楽しくて、いつだって幸せな気持ちで前に進んでいけますよ。笑顔で毎日新しいことをして生きている人生を想像してみてください。最高ですよね。