DO

なぜ旅が人を変えるのか

ストレスを溜めれば溜めるほど出世しやすくなる

 

f:id:mt321191104:20180820075801j:image

ストレスは僕にとって成長に必要不可欠なものです。だからあってokだし、ありがたい存在です。ただ昔は心底嫌いで、「ストレスで死んでしまうのではないか」と思っていました。

ストレスを友達にする技術を身につける

 

健康にも悪そうだし、いま世の中にはびこる病気はストレスによるものが多いです。

 

医者にいけば、「ストレスも原因の一つですね、」と必ずというほどおっしゃられます。それほど敵視されてしまうストレス。でもこれって減らすことはできるけど”0”にすることってできないですよね。

 

だったら利用するしかない!

 

じゃないと、いつまでもストレスに体も心も消耗してしまって、「だるい」が口癖の人を寄せ付けないイヤァひとになってしまうし、長年蓄積されて最悪に場合はストレスによる病気で早くに命を終わらせてしまうかもれない。そんなの嫌すぎます。

 

せっかくこの世に生まれたのだから楽しく生きていたい。

 

ストレスを溜めてると人に避けられる

 

僕も前はストレスにいつも体が重くてしんどい目をしていましたし、「目つきが悪い先輩」として後輩から避けられつづけました。

 

あの時期は辛かったです。なにをしても裏目にでるし、人に避けられまくるしで気が狂いそうでした。

 

その原因がストレスによる顔つきだとわかった時は少し安心したのを覚えてます。

 

ストレスを利用して自分という人間を知り、一気に成長する。

 

・自分を知る。

・成長の糧にする。

 

僕はこの二つに重きをおいて嫌なことに向きあっています。毎日あらわれるストレスに感謝できるし、嫌な気持ちも少し楽になります。

ストレスを感じることは人生で大事な"勝負の瞬間"

 

例えば、人前で話すのが好きな人がいれば、「そんな人前でなんてもう心臓が飛び出ちゃうよ」って人もいます。

 

人前が平気な人はそのときストレスを感じないし、むしろ楽しい時間です。でも緊張する人にはとんでもない早く終わってほしい時間ですよね。ストレスも脇汗もバンバンだと思います。

 

ただストレスを感じることってものすごく成長の余地があって、そのことについて本気になれるし準備を怠らないはずなんです。

 

基本ストレスと隣り合わせなのは「失敗したくない」思いです。

 

会社のプレゼン。

好きな子に告白するとき。

 

こういう時、絶対に失敗したくないし緊張してしまいます。

 

だから「ストレスだわー」と思うことは失敗したくなくて、成長の余地がものすごいことであり、成功したらかなりのご褒美があることです。

 

つまりストレスは、自分の本気になれることを知ることでもあり、求めていることを知ることもできます。以外と長所や、ライフワークになることってストレスに感じることにあったりするのです。

 

ストレスって本当に向き合い方でとんでもない成長と成功があります。

 

嫌だと思うのは簡単だしそれ以上はない。そんでもって思考停止していては勿体無いし、いつまでたっても同じサイクルを抜け出せない。

 

なら考え方を変えて感謝するくらいがちょうどいいです。考え方を変えることは今からできるはずです、今日からお試しください。

僕がストレスに対する考え方を変えたスピーチ

ケリー・マクゴニガル: ストレスと友達になる方法 | TED Talk Subtitles and Transcript | TED

f:id:mt321191104:20180830124117j:image

 

スピーカーはケリー・マクゴニガルさん。

ケリー・マクゴニガル(Kelly McGonigal、1977年10月21日 - )は、サイエンス・ヘルプで知られる健康心理学者。(サイエンス・ヘルプとは、科学の研究を一般の人に説明すること。)特に自分の中での葛藤を乗り越え目標を実現することに関する研究に関わっている。最近では多くのメディアが目標と葛藤について報道する際彼女の発言を引用している。またマクゴニガルは長期にわたってストレス対処の方法として自らに対する同情や注意を利用することを提言していて、最近では研究の焦点をストレスの問題点に変えつつある。2013年TEDでの講演では、ストレスに対応する時には、ストレスをうまく処理できると信じることが重要であると強調した。

 

引用:ケリー・マクゴニガル - Wikipedia

 

 

僕が英語の勉強をしているときに見つけた動画で、とても素敵なスピーチです。15分ほどの動画なので一度見てください。

 

ただコメント欄を見ると「共感できない。」という意見を多く見ました。

しかも日本のひどすぎる労働環境や介護や少子高齢化社会のことが書いてあります。そういう環境の人には共感できないかもしれないです。

 

僕はそういうときは逃げてほしいんです。人は逃げる勇気の方が無いと思うので、怖いですが本当に無理なときは逃げる以上にいい方法は無いのだと思っています。

 

 

ストレスって考え方で大きく人生を変えれるし、毎日を少しずつ軽く楽にできます。いつからでもできることなのですぐに初めてくださいね。

 

最後までありがとうございます。

マサタカ。