DO

なぜ旅が人を変えるのか

俺オタクやねんと言うだけで人間関係が変わる

 

f:id:mt321191104:20180813223734j:plain

 

好きなものを好きという事が、凄く度胸がいることだと感じる。そして自己紹介で自分の好きを隠して、そのまま貫くことは酷くツライものだと思う。

 

好きなものにも良いイメージや悪いイメージがある。

 

アイドルが好きだと非リア充な気がしたり、趣味がサッカーだとモテそうだったり、サーフィンしてますというだけで超アクティブな人だと思われる。

 

イメージはイメージだけど、そのイメージに負けて好きなものを好きと言えない怖さがある。

 

嫌われるかも、引かれそう、好かれたい。

この感情のせいで僕らは自分らしく生きていけない。

 

自分とはこいう人間だというのを、世間向けに作ってあたかも本物かのごとく演じるうちに、ホンモノを失って「自分ってどういう人間なんだろう?」と就活くらいになって真剣に考えるのだ。

 

その時にはすでに半分くらいは作られた自分が混じっていて、「趣味は写真を撮ることです。」と言いつつも、実はそんなに楽しめていない自分がいたりするんだよね。その違和感がありながらも、「そういう人間だ」と言い聞かせてツクリモノの自分で生きていってしまう。

 

だから、本気で楽しい人生!じゃなくなるんだ。

 

らしさは好きなものから生まれる

f:id:mt321191104:20181017183043j:image

とことん性懲りも無く

好きなものを探す旅をする。

 

好きなものって、心臓のあたりからワクワクが止まらないんだよね、クラッシックが好きな人は目をつぶって音楽を聴いて、微笑んでたりするよね。ワクワクが止まらなくて顔にまで出てしまうくらい好きだとそうなる。好きすぎるってワクワクと微笑み。

 

本気で楽しい趣味って失敗した時に笑っちゃう。「あー次はやり方変えてみよう!」くらいにしか思わないんだ、そんで試行錯誤しては楽しい気分になる。ずーーーと楽しいんだ。

 

僕が好きなものは、EDM系の音楽。読書。ドライブ。服を見ること(買わなくても楽しい)。ラブライブ。アベンジャーズ。

 

これを見たり聴いたりしてるときって、本当に時間を忘れてワクワクして微笑んでしまってたり、踊ってたりしてまうんだよね。マジで好き。

 

好きな趣味はスノボ。ウエイクボード。サーフィン。釣り。PHOTO EDITER。ブログ。

 

失敗しても次だ、次うまくいくって思うだけで本当に楽しい。

f:id:mt321191104:20181017183110j:image

スノボなんて一緒に行く子に「見てて怖い。」って言われるくらい挑戦しかしてない。頭からこけても、全身に雪をかぶっても笑ってられるくらい楽しい!!

 

好きなもがあるなら、さらけ出しいこう!

 

もしないなら、探しに行こう!

 

 

そうすればあなたの周りは、本当のあなたを知って、あなたも自分を取り戻すことができる。楽しい!しかない人生に変わっていく。

 

楽しい人生を生きてれば、周りも変わって、楽しい人だけが残っていく。そうなると不幸なんて考える暇もなくなるから最高だ。

 

自分らしく楽しもう!